銀行カードローンでいくらまで借りれるの?

銀行カードローンで借りられる金額

銀行のカードローンは貸金業法による総量規制がなく、年収の3分の1以上の借入も可能です。このため、多額の融資を受けたい方におすすめなのが銀行のカードローンです。銀行カードローンでは借入限度額が300万円、500万円、1000万円と非常に高く設定されています。
しかし、初めて銀行のカードローンで借入をする場合、この限度額上限まで借りられることはほとんどありません。やはり、初回の借入額は消費者金融と同じく年収の3分の1までというケースが大半です。会社員の場合なら、銀行カードローンにおける初回の借入額で多いのが50万円までです。例外として年収が500万円を超える場合などは、100万円を超える融資を受けられたケースの見られます。

借入限度額は増やせる

初回借入額は年収の3分の1までというケースがほとんどですが、これを超える多額の借入をしたい方は銀行カードローンで信用を積み重ねていくといいでしょう。銀行カードローンでは、利用実績を積み重ねているうちに借入額は増額することが可能です。長期間銀行カードローンを利用して、きっちりと返済を続けていると与信は高まっていきます。また、年収が増加することによって返済能力は高まるため、限度額は上昇します。
このようにいきなり多額の借入ができるわけではありませんが、消費者金融でお金を借りるよりも金利が安いのが銀行のカードローンです。同じお金を借りるのなら返済の負担が少なく、限度額の増額を期待できる銀行のカードローンはおすすめです。